サンワコーポレーション株式会社

相続放棄したらどうなるのか?メリットとデメリットについてご紹介します!

お問い合わせはこちら

相続放棄したらどうなるのか?メリットとデメリットについてご紹介します!

相続放棄したらどうなるのか?メリットとデメリットについてご紹介します!

2022/07/10

みなさんは相続放棄と聞いてどのようなものかイメージがつくでしょうか。
この記事では相続放棄の概要とメリット、デメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

□相続放棄とは?

相続放棄とは、亡くなった方の財産を一切相続しないことです。
相続と聞くと、ついつい亡くなった方の貯金や不動産を引き継ぐことをイメージする方が多いです。

ただし、場合によっては借金のようなマイナスの財産を相続することがあります。
そのため、亡くなった方のマイナスの財産がプラスの財産を上回る場合は、相続してもマイナスにしかなりません。
このような場合に用いられる手段が相続放棄です。
また、相続放棄をすることは金銭面だけが理由ではありません。

実は、煩わしい相続手続きから解放されるために相続放棄をする方も多いです。
どういうことかというと、相続人間の仲が良好でない場合、誰がどの財産をどれだけ相続するのか、遺産分割協議でトラブルになることが少なくありません。
そのような揉め事に巻き込まれることを嫌って相続放棄してしまうケースもあるのです。

□相続放棄したらどうなる?メリットとデメリットを解説します!

相続放棄するメリットには何があるのでしょうか。
1つ目は負債の返済から免れることです。
裁判所に相続放棄が認められると、債権者は相続放棄者に返済を求められません。
被相続人に多額の借金がある場合は非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

2つ目は負担が大きい遺産の相続を回避できることです。
例えば、被相続人が農業を営んでいたとすると、もしその土地を相続すれば、田畑の管理をしなければならなかったり、固定資産税を納めなければいけなかったりしますよね。
このような負担を考えれば、相続放棄した方がメリットが大きいと言えるでしょう。

一方で、相続放棄によって新たに発生した相続人とのトラブルが発生する可能性があることがデメリットとして挙げられます。
先ほど負債の返済を避けられることをメリットとしてご紹介しましたが、その負債の返済は次の相続人に課せられることになります。

自分さえ負債を避けられれば良い、といった考えで相続放棄をするとかなりの確率でトラブルになってしまうでしょう。
相続放棄をするときは次の相続人にもその旨を伝えるようにしてくださいね。

□まとめ

相続放棄の概要、メリットとデメリットをご紹介しました。
相続放棄にはメリットとデメリットの両方がありますので、決定は慎重に行うようにしてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。