サンワコーポレーション株式会社

任意売却とは?メリットとデメリットをご紹介

お問い合わせはこちら

任意売却とは?メリットとデメリットをご紹介

任意売却とは?メリットとデメリットをご紹介

2022/06/26

「住宅ローンを滞納していて、どうにか売却金額から債務を返済したい」
「まだ返済の目処がたっていない」
このような悩みをお持ちの方へおすすめしたいのが任意売却です。
今回は任意売却について、競売との違いや任意売却のメリットとデメリットについてご紹介いたします。

□任意売却とは?

任意売却は、売却物件にローンが残っている場合に行う売却方法です。
特徴として、抵当権を抹消せずに設定したまま売却できるという点が上げられます。
ここで抵当権について詳しく説明いたします。

抵当権とは、ローンの支払いが滞った場合に金融機関がその物件を担保にする権利のことで、売主は担保の金額を返済に充てることができます。
通常の売却では抵当権の抹消が必要ですが、銀行が不動産の差し押さえを可能にした状態で売却するという点は任意売却の最大の特徴です。

任意売却するには、金融機関からの承諾が必要であったり、条件がつくなどの制限があります。

*競売との違いについて

任意売却と競売、それぞれ住宅ローンの返済が難しいと判断された場合に用いる方法ですが、最も大きな違いは売主の意思を反映できるかどうかです。
競売は、ローン返済が滞ったと判断されると、金融機関側から強制的に売却されます。
そのため、売却価格が市場価格よりも大幅に安くなる場合が多いです。
少しでもローンを減らしたいとお考えの方には通常の売却か任意売却をおすすめします。
 

□任意売却のメリットとデメリット

*任意売却のメリット

売主の希望価格が尊重されるため、競売にかけられた際と比べるとより時間をかけられるため、良い条件で販売できる可能性が高いです。
また、不動産売却で必要な諸費用は売却代金から支払うことが可能です。
そのため、新たにお金を持ち出す必要がありません。

*任意売却のデメリット

ローンは数ヵ月滞納していることが条件のため、債務者からの催促や連帯保証人へ請求通知がいくことで、周りからの重圧がかかります。
債務者や連帯保証人は、手続きを進める上で重要な人物なので、早めに同意を得ることが必要です。
また、住宅ローンを3ヵ月以上滞納した場合ブラックリストに載る恐れがあるので注意しましょう。
この場合、5年〜7年は審査が通らず大きいローンが組めなくなります。

□まとめ

今回は任意売却についてと競売との違い、メリットとデメリットを紹介しました。
競売に比べ任意売却は条件が緩和されるため、結果的により良い条件での売却が可能です。
当社では不動産のプロが任意売却の着手から購入者との交渉までスピーディーに対応いたしますので、お困りの際はぜひ一度ご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。